野草でしかける端境期の打開策

就農してから6年目にして初めて野菜セットに入れました。
野菜、ではありません。
栽培した、わけでもありません。
かといって山から採ってきたわけでもありません。
畑にて収穫しました。

スベリヒユという草です。
いわゆる雑草というやつです。

世界中の温帯や熱帯の地域であればどこにでも生息し、畑だけじゃなくそこらじゅうに勝手に生えてきます。
乾燥に非常に強いため、ここのところの少雨によってスベリヒユばかりがグングンと生長していきました。
野菜が負けるほどに。
この植物は山形県では山菜として食されていますし、スイスやギリシャでも食用とされているようですので、一度くらいは野菜セットに入れてみたいと思っていました。
いまは畑にかなりスベリヒユが占有してきているので、ここぞとばかりに入れたわけです。

肝心の味はそれほどクセはなく、食べるとほんのりと粘りを感じられます。
けっこうツルムラサキに近いのかなという気がします。

ほかにも畑には食べることができる植物がたくさん生きています。
つくし、よもぎ、アカザorシロザ、ギシギシ、ナズナ、ハコベ・・・。
これらもたまには提供して、定期的にセットを購入していただいている方々に刺激・快感を味わっていただきましょう。
・・・まずはスベリヒユの批評がどのように出てくるか、ですね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  2. ジャガイモ種芋の品種やサイズについて

  3. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある

  6. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要