野草でしかける端境期の打開策

就農してから6年目にして初めて野菜セットに入れました。
野菜、ではありません。
栽培した、わけでもありません。
かといって山から採ってきたわけでもありません。
畑にて収穫しました。

スベリヒユという草です。
いわゆる雑草というやつです。

世界中の温帯や熱帯の地域であればどこにでも生息し、畑だけじゃなくそこらじゅうに勝手に生えてきます。
乾燥に非常に強いため、ここのところの少雨によってスベリヒユばかりがグングンと生長していきました。
野菜が負けるほどに。
この植物は山形県では山菜として食されていますし、スイスやギリシャでも食用とされているようですので、一度くらいは野菜セットに入れてみたいと思っていました。
いまは畑にかなりスベリヒユが占有してきているので、ここぞとばかりに入れたわけです。

肝心の味はそれほどクセはなく、食べるとほんのりと粘りを感じられます。
けっこうツルムラサキに近いのかなという気がします。

ほかにも畑には食べることができる植物がたくさん生きています。
つくし、よもぎ、アカザorシロザ、ギシギシ、ナズナ、ハコベ・・・。
これらもたまには提供して、定期的にセットを購入していただいている方々に刺激・快感を味わっていただきましょう。
・・・まずはスベリヒユの批評がどのように出てくるか、ですね。

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  3. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  4. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  5. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう