過酷スパイラル

今日は午前中に用事があったので午後だけ仕事。
畑に出ました。
そして修行しました。

・・・

あ、ニンジンの草取りのことです。
一部の農業者の間では修行と呼ばれるニンジンの草取り作業は、人生を振り返るにふさわしい過酷な労働です。
といっても体力を使うわけでもなければ技術が必要なわけでもない。
単純で細かい、そして遅々として進まないことへの苛立ちが過酷と言われる理由です。

もちろん除草のタイミングによってはもっと楽に作業できるし、そうすべきだと思う。
そのタイミングを逃してしまうのが未熟さの証なんですが。
もしくは太陽熱消毒などで草を生えにくい環境をつくっておくとか。
慣行農法だったら除草剤まけば一発OK(たぶん)。

と手はいろいろあります。
つまり本来は過酷じゃないニンジンの草取りを自ら作り出してしまったということが一番の問題。
そうです、僕が悪いんです。
自分の罪を背負いながら今日も黙々とニンジンを助けるために草を抜く。
そして日が暮れていくんです。

なんだか今日の文章は変ですね。
修行でおかしくなったかな?

関連記事

  1. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  4. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  5. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  6. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市