農業だけどパソコンは使えたほうがいいと思う

先日、研修生に向けて講義をしました。
雨だったので。
といっても栽培うんぬんは教えるような技術もないし講義でやるつもりもないので、多品目で野菜セットをつくっていくシステム部分についての話がメインになります。

栽培について難しいのはひとつひとつの野菜を丁寧に育てることじゃなくて、毎週10種類程度の品目をコンスタントに揃え続ける栽培計画・実行力のほうですが、これは机上でやったところで身につかないので足しげく畑に通いながら体・頭に染み込ませていくしかありません。
こういうことは講義なんてしません。

逆に講義をしないと理解できないのがシステム部分。
ホームページで注文を承ってからメールの返信、商品の発送、請求書の発行、各種連絡などをどのようなタイミングでどのような流れで処理していくのか。
今週はこの人たちに、来週はこの人たちに発送して・・・という処理をスムーズに間違いなく実行するにはどういうシステムを構築しなければならないか。
その他もろもろやるべきことは多いです。
こういう事務作業はアナログな処理をしていると相当な時間を使います。
これがイヤで離農した有機農家の話を聞いたことがあるくらいです。
少ない件数のときは気にならないけど、増えてくると手に負えなくなる可能性のある業務なんですよ。

というようなことを講義しました。
就農して最初の数年はおそらく目の前に降ってくるものを手当たり次第処理していれば過ぎていくと思います。
そのさきは・・・。
かなり前ですが収入の壁というタイトルで日記を書きました。
年収300万円を越えるには労働コスト意識、適正な取引単価設定、経営の効率化が必要だと書きましたが、ここに事務処理のシステム化を追加してもいいかもしれません。
もちろんプログラムを組めなければシステム化できないわけじゃありません。
エクセルなどの表計算ソフトがある程度操作できればOKなレベルです。
これで2時間かかっていた処理が半分になります。
そして関数が使えれば言うことなし。
1時間の処理がさらに半分になります。
マクロやVBAが組めるなら最高です。
30分の処理が15分で終わります。
2時間から15分へ。
これが事務処理システム化の効力です。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  2. ナスの芽かきと多品目栽培のキモ

  3. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  4. 食用ホオズキの大いなる可能性

  5. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  6. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ