草取りのリスク

台風が近づいています。
週間予報も雨マークが並んでいます。
ということで、今日も雨だったけどカッパを着て畑に出ました。
せっかく追いついてきた作業なのに休んでばかりいるとまた後手にまわってしまいますから。

雨の日に草取りをすると野菜の根っこも切ってしまう可能性があってできればやりたくないんです。
切れたところから病気になるかもしれませんから。
それでも晴れて地面があるていど乾くのを待っていたら草に負けそうな野菜がいくつかあるので、がまんして草刈りするしかありません。
この決断がどういう結果をもたらすのか、何日かたってみればわかります。

さてさて、MLBオールスターでイチローがまたすごいことをやってのけましたね。
とんでもない男です。
彼の生き様をみているとこっちまでやる気がでてきます。

関連記事

  1. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  2. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  3. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  4. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  5. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  6. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・