苦いイチゴ狩り

いちご狩りに行ってきました。
静岡県静岡市の久能山。
石垣いちご狩りで有名な久能山です。

石を積み重ねて石と石の間に苗を植え、温暖な気候で暖まった石の地熱を利用していちごを栽培する世界的にも珍しい栽培法。
じっさいに目にしてみるとやっぱり変わってます。

こんなところでイチゴが育ってるなんて・・・。
化学肥料を使えばできるのかなぁ、なんて思いました。

食べてみた感想ですが、農園によって差があるのか季節的なものなのか、甘さも香りも足りない感じです。
大きさだけはちゃんとあって驚くのですが、かんじんの味はともなわず。
濃厚なコンデンスミルクで味をごまかしてる感じです。
農薬におびえながらイチゴ狩りをしている身としては、味に満足できないことは少し残念でした。

で、いちご狩りのハウスは奥行き5m、高さが170cmほどの小さなハウスなので、一度に入るのは2人程度みたいです。
4人+子供で行ったので2ハウスを貸しきって食べることになったのですが・・・。
最初は二手に分かれてパクリパクリ。
途中からひとつのハウスに集まってわいわいおしゃべりしながら食べてました。
そのうち大粒のいちごがなくなってきたので、もう一方のハウスにみんなで移動しようかと思っていたら、
一度ハウスから出ると戻ることはできません!
っと近くの監視員のおばちゃんに言われてしまいました。
???
そんなルールは食べ始める前に説明しておいてくれないと困ります。
そうと知っていたら最初から4人で同じハウスに入って移動するので。
あなたがたのハウスはこの二つです、はいどうぞ。
と言われただけなので、あとから新ルールをもうけられるのは客側としてはたまったもんじゃない。
いちごの甘さよりも接客の苦さがのこるイチゴ狩りとなりました。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  2. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  3. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  4. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実