耕すのをあきらめたら負け

季節の変わり目ということもあってコロコロと天候が入れ替わっていくこの頃ですが、耕したいところがたくさんあるのに機械を入れられない、そんな状況が続いています。
この先もしばらく怪しい雲行きなので、耕せるのは一体いつになるのか。
5月の出荷再開に向けて播いておきたいタネがあるのに、果たして大丈夫なのか。
心配は尽きませんが毎年のことです。
あきらめましょう。

あきらめたからといって仕事をしないわけにいきませんので、雨の日はだいたいビニールハウスに居座ります。
トマトやナスの鉢上げはもうすこし先になりそうなので、今日は種をまくことにしました。
ブロッコリーやレタス、カリフラワーやキャベツなど。
2月上旬にも播いている野菜たちの第二弾です。
うまくずらし播きの効果が出てくれたらいいのですが、たいてい後から播いたものの生育が追いついて結局収穫は一緒かよ!みたいなことになることが多いので困ります。
春夏の難しいところですね。

関連記事

  1. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  4. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・