美景観大賞受賞

今現在、全圃場のなかでもっとも景観が気持ちいいのがここ。

画面に映っているだけで7種類の野菜が見えています。
ネギ、水菜、ほうれん草、カブ、からし菜、壬生菜、ヤーコン
1列が約50m、同じ野菜がストーンと並んでいるのは気持ちいいです。
葉もの野菜については10月に入ってからタネを播いたのがほとんどなのでどれも虫食いがほとんどなく、肥料切れもなく元気に生育しています。
葉色も濃くなく薄くなく、僕的にはナイス色。
水菜とほうれん草の混植は(要求養分量の違いから)ふつうならあり得ないのかもしれませんし、「しまったぁ、やっちゃったよ」と心の中では思っているんですが、今のところうまく育ってるのでよしとします。

この景色、ずっとこのままで残しておきたいのですが、残念なことにどんどん収穫していくので日が経つごとに歯抜けになっていきます。
2月末にはすっかり収穫し尽くしている、という状態に。

さてこの場所。
ふだん見学にきていただくときに見せる圃場とは別になるので、要望がなければ見ることが出来ません。
もったいないですね。
紅葉狩りに来たついでに畑の写真もぜひおさめていただきたい。
ぜひ。
いや、無理にとは言いませんが。

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  4. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  5. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  6. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・