美景観大賞受賞

今現在、全圃場のなかでもっとも景観が気持ちいいのがここ。

画面に映っているだけで7種類の野菜が見えています。
ネギ、水菜、ほうれん草、カブ、からし菜、壬生菜、ヤーコン
1列が約50m、同じ野菜がストーンと並んでいるのは気持ちいいです。
葉もの野菜については10月に入ってからタネを播いたのがほとんどなのでどれも虫食いがほとんどなく、肥料切れもなく元気に生育しています。
葉色も濃くなく薄くなく、僕的にはナイス色。
水菜とほうれん草の混植は(要求養分量の違いから)ふつうならあり得ないのかもしれませんし、「しまったぁ、やっちゃったよ」と心の中では思っているんですが、今のところうまく育ってるのでよしとします。

この景色、ずっとこのままで残しておきたいのですが、残念なことにどんどん収穫していくので日が経つごとに歯抜けになっていきます。
2月末にはすっかり収穫し尽くしている、という状態に。

さてこの場所。
ふだん見学にきていただくときに見せる圃場とは別になるので、要望がなければ見ることが出来ません。
もったいないですね。
紅葉狩りに来たついでに畑の写真もぜひおさめていただきたい。
ぜひ。
いや、無理にとは言いませんが。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ジャガイモ種芋の植え方について

  2. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!