管理機の実力

耕耘機を買ったことの影響。
これまでは小さな管理機ひとつで畑を耕してきたので、一台で耕耘と畝立てを両方こなしていました。
だから爪の種類、向きは両作業に耐えられるように調整してました。
簡単にいうと爪は耕耘用を使い、爪の向きは外向きと内向きを併用した平面盛りができるように取り付けてありました。
これで耕すときは正転、畝立てするときは逆転に回転させて作業を行うことで一台二役を実現していたわけです。
このサイトを見るとわかりやすい⇒http://www.geocities.jp/one_fmr/kanriki.html

ただしこの場合、爪の種類・向きともに耕耘に適した形になっているため畝立てするには効率が悪くなっていたのがネックでした。
望む畝の高さになるまで2往復することもしばしば。
かなり非効率。
そこで一手。
新しく耕耘機を購入。
耕すのはこいつに任せられるので、いままで持っていた管理機は畝立て専用として働いてもらうことが可能になりました。

揚土爪といわれる幅の広い爪に変更しました。
これは多くの土を跳ね上げることができます。
そして刃の取り付けをすべて外向きにしました。

この結果、畝立てがものすごく速くなりました。
2往復していたのが一度通るだけで済むようになり、畝の高さも以前より深く高く。
こんなに違うのかと驚きを隠せません。
プロの農家であれば当然知っていることなので、ここで書いたことで僕の無知をさらしてしまったわけですが、もし知らなかった方がおられましたら参考にしてください。
爪は幅広の揚土爪もしくはV字爪と呼ばれるもの、向きは外向き。
これで畝立てはグッとラクになりますよ。

なおゆきはLVが12にあがった
かんりきのじゅくれんどが4にあがった

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  2. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  3. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  4. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?