管理機の実力

耕耘機を買ったことの影響。
これまでは小さな管理機ひとつで畑を耕してきたので、一台で耕耘と畝立てを両方こなしていました。
だから爪の種類、向きは両作業に耐えられるように調整してました。
簡単にいうと爪は耕耘用を使い、爪の向きは外向きと内向きを併用した平面盛りができるように取り付けてありました。
これで耕すときは正転、畝立てするときは逆転に回転させて作業を行うことで一台二役を実現していたわけです。
このサイトを見るとわかりやすい⇒http://www.geocities.jp/one_fmr/kanriki.html

ただしこの場合、爪の種類・向きともに耕耘に適した形になっているため畝立てするには効率が悪くなっていたのがネックでした。
望む畝の高さになるまで2往復することもしばしば。
かなり非効率。
そこで一手。
新しく耕耘機を購入。
耕すのはこいつに任せられるので、いままで持っていた管理機は畝立て専用として働いてもらうことが可能になりました。

揚土爪といわれる幅の広い爪に変更しました。
これは多くの土を跳ね上げることができます。
そして刃の取り付けをすべて外向きにしました。

この結果、畝立てがものすごく速くなりました。
2往復していたのが一度通るだけで済むようになり、畝の高さも以前より深く高く。
こんなに違うのかと驚きを隠せません。
プロの農家であれば当然知っていることなので、ここで書いたことで僕の無知をさらしてしまったわけですが、もし知らなかった方がおられましたら参考にしてください。
爪は幅広の揚土爪もしくはV字爪と呼ばれるもの、向きは外向き。
これで畝立てはグッとラクになりますよ。

なおゆきはLVが12にあがった
かんりきのじゅくれんどが4にあがった

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  2. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  3. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  4. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  5. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  6. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!