種芋を買いすぎた感

寒ささえ耐えられるなら長期保存が可能な里芋。
冬から春にかけての貴重なイモです。
3月4月にイモ類が欲しいと思ったら、ジャガイモ・サツマイモ・里芋などを多く作付けする必要があります。
秋ジャガはともかく、サツマイモや里芋は今の時期に植え付けるのでほぼ一年先を見越した計画です。

里芋は植え付けが始まりました。
寒さにやられたこともあるので植え付けは余裕を持って今からです。
今年は栽培面積を拡大しているので多めに栽培するつもりで種芋を買ってあります。
昨年のおよそ2倍。
けっこう植えたのにまだ3分の1にも届かなくてびっくり。
機械があってスペースもあれば、どれだけでも植えておけそうだけど、まともに収穫できたら毎週のように飽きるほど里芋をお届けしてしまいそうです。
それよりも保存スペースはあるのか。
寒さに耐えられるだけの環境は整えられるのか。
そもそもまともに収穫できる技術があるのか、オレ。

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  5. 【補助金】日本の農家は補助金で甘やかされている?海外比較すると見えてくる現実とは・・・

  6. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね