種とりの必要性

久しぶりにすっきりと晴れてくれました。

こんな日は畑に出て…といきたいところですが、雨の次の日は意外とすることがないんです。

というわけで今日は家で種とり作業をしてました。

さやごと採ってきていたタネを取りだしてビンに入れる。

という作業です。

けっこう簡単なもんです。

単調すぎて眠くなります。

いまのところ自家採取しているタネは容易に採れるものだけです。

交配種を使いたい野菜はとっていません。

本来、その土地で代々タネを採りつづけたほうが病害虫に強くなります。

その土地に適応するからです。

日本人の体が日本の気候に合っているようなものです。

日本人がアフリカで生活するのは大変ですよね。

でも何代にも渡ってアフリカに住みつづければ体がアフリカの気候になじんできます。

野菜も同じです。

豊田市の気候、土壌条件で栽培を続ければ、その土地にあった生育をするようになります。

それが理想だと思います。

理想はそうなんだけど、いわゆる交配種というのがありまして。

アメリカ人と日本人のハーフみたいなものです。

そのハーフは両親のいいところを備えています。

これは地球人とサイヤ人との間に生まれた子供がすごく強くなるのと似ています。

簡単にスーパーサイヤ人になれます。

そんなタネがあったら使いたいというのもわかってもらえるでしょうか。

原住民的に血を受け継いでいくタネを使いつつも、スーパーサイヤ種も使う。

そんな感じでやっていきます。

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?

  3. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  4. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  5. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  6. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?