研修生からもらえるもの

労働力を提供してもらうかわりに栽培技術や経営手法を伝授する、という形で金銭的なやりとりなしで研修をうけてもらっています。
カリキュラムのようなものがあるわけじゃないので、研修生側からどんどん突っ込んでこないと単にこき使われて終わってしまうことにもなりかねませんが、そのへんは僕の責任じゃないので目をつぶっています。
研修生の姿勢が問われるわけです。
意地悪してるわけじゃないですよ。
聞かれれば答えますからね、たいていのことは。
でも聞かれないのに話したりしません、積み重ねた技術・経験は貴重な財産ですから。
このブログで書いていることなんて表面的な技術ですよ。
得られるものは現場には到底かないません。

研修生からいただくものは労働力だけじゃありません。
それ以外にもいろんなものをもらえます。
先日は当ブログの欠陥について指摘してもらえました。
検索してとある記事に飛んできてもトップページに移れない、だそうです。
たしかにそういうリンクが設置されてませんでした。
今は最上部のタイトルロゴをクリックするとトップページに飛べるように修正しました。

ほかに、研修生が何気なく質問したことでもドキッとすることがあります。
そこ深く考えないでやってたなぁと気づかされるところが見つかるからです。
こういう発見はひとりだと出てきません。
ありがたいです。
研修生がいることで改善すべきところが見つかるのは労働力の提供以上に意義があります。
松本自然農園は所詮ひとりでまわせる面積しかやってませんから、労働力が欲しいわけじゃありませんしね。

お互いにメリットを感じながら研修制度を充実させていけたらいいかなと思います。

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  3. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?