熱望された経費内訳

これから就農しようという方にとって非常に気になるのが経費の内訳でしょうね。
知りたい情報ではあるけれど、ここまで開示する農家はおそらくほとんどいないと思います。
農協が持っている情報は開示されるけど、慣行農家の情報がほとんどだし多品目農家の情報は持っていないだろうし。
松本自然農園のものが一般的な数字とはいえませんが参考にしてみてください。
細かいところは端折りますので正確な数字ではありませんが、大雑把には把握できるはずです。

まず経費全体では200万円となっています。
そのうちの半分(約100万円)が荷造運賃手数料です。
これは宅配業者に支払う運賃のこと。
家庭向けに細かく大量に発送しているので当然の結果だと思います。
のこり80万円ほどが生産原価となります。
20万円はその他ということで。

生産原価の内訳ですが、ビニールハウス部材、電気柵、育苗関係、支柱などいわゆる材料費といわれるものに半分の40万円。
種苗費に20万円。
機械を含めた農具費に10万円。
その他10万円。
といったところです。
肥料代?その他に入っていますよ。

材料費に関してはこれで5年以上は投資しないでしょ、というような経費が多かったので来年はもっと少なくなると思います。
が、来年は来年でなにかしらの出費はあるはず。
でも管理機を買うつもりなので他の出費は控えるでしょうね。

他人の経費内訳を知ったからどうだというもんでもないと思いますし、他人の給料明細をみて喜ぶというレベルのものでしょう。
経営形態が変われば内訳も変わってくるわけですし。
だとしても公開してほしいという要望があれば、企業秘密事項に触れない限りは、できるかぎり答えていきたいと思っています。

関連記事

  1. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  2. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  3. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  4. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  5. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  6. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方