炭素循環農法は単純じゃないよ

みなさんは炭素循環農法をご存知でしょうか?
ブラジル在住の林幸美さんが提唱している農法のことです。
ごく最近なにやらあちこちでブームのように流行りはじめているのでちょっと気になっています。
世間的な認識として
炭素循環農法=キノコ廃菌床を使った栽培
となっている傾向が見られますが、本当のところはどうなのか。
(廃菌床・・・キノコ栽培のため木チップなどを固めたブロック)
ホームページを読んでみると、菌が生きている状態で廃菌床を畑に入れるなら少量で大きな成果が得られます、というようなことが書かれています。
これはいったいどういう理屈なのか?
ずっと気になっていました。
現在、林幸美さんが講演をしながら日本行脚をしているとの情報をキャッチしたので、今日は県内のある場所で行われた講演会に行ってきました。

この下に書くことは僕が提唱者の言葉を聞いて感じたことであり、実際の農法とは異なる場合があることはあらかじめ断っておきます。
コメントで厳しい突っ込みはしないでください。

技術的なところとしては、廃菌床にこだわるのではなく剪定チップや緑肥、生ごみなど身近な地域で手に入る資源をうまく活用していくことが大事なんだと言っておられました。
畑に高炭素資材をどれだけ投入できるか、投入することで畑の微生物をどれだけ活性化させることができるか、ということにポイントがあったように思います。
どれくらいの量を入れるとか、耕す深さとか、そういう小手先の技術はあまり重要視していなくて、大切なのは自然をよく観察して仕組みを理解し、それに従って野菜を野菜として健康に育てることだと、話を聞いていて感じました。
高炭素資材を活用するという特徴こそあれ農法自体はいわゆる有機農法になります。

かなりの多投入型農業になるので、堆肥を入れることすら面倒だと思っている僕には向かない農法です。
でも地域資源としてキノコ廃菌床は山のように余っているので、これらを活用できる道としておもしろいのかもしれません。

参考になる話も聞けたし、矛盾を感じるような話も聞くことができました。
なかなか有意義な時間だったと思います。
結論を言えば農法としては不採用ですが、畑の一角で実験的に遊んでみるのも悪くないかな。
家庭菜園レベルで考えるなら楽しい農法ですから。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  3. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  4. ナスの芽かきと多品目栽培のキモ

  5. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?