満員御礼

3月に入ってからなんだか真冬に戻ったような気温が続いている。
2月よりも寒いんじゃないか?
昼間にぱらぱらっと雪なんかちらついたりするし。
こまった気候だ。

今朝の寒さで一部のナス・トマトがやられてしまったことはさておき、寒いので育苗ハウスの中で種まきを一気にやりました。
コールラビ、ハクサイ、ズッキーニ、キュウリ。
おまけに発芽しているピーマン・トウガラシをビニールポットに移植。
ハウスの中はにぎやかどころか満員御礼です。

いまの時点で満員だと、4月はちょっと置き場所が足りなくなる気がしています。
小さなビニールトンネルでも作って対応しましょうかね。

3m×5mのハウスなので充分すぎる大きさだと思ってたんですけど甘かったです。
トマト、ナス、ピーマンの3兄弟が予想以上に場所をとってます。
どうしたもんかな・・・。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  4. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・