気難しいニンジンの播種時期

地面がカラカラです。
最近はこの話題ばっかりですね。

ニンジンの種まき時期を迎えていますが、地面が乾いているので播けません。
ニンジンはものすごく発芽をそろえるのが難しい野菜で、発芽が成功すれば栽培の50%は成功したもんだと言われるほどです。
なんでそんなに発芽させるのが難しいかというと、ニンジンの種は発芽するときに充分な水分を必要とするからです。
というか吸水力が弱いんです。

雨のあとを狙ってタネをまくのが普通ですが、こう雨が降らないとタネをまくタイミングがありません。
秋冬ニンジンの種まき適期は8月下旬くらいまで。
できれば7月中に一度は播きたいです。

今日はゴロゴロ雷が鳴って期待させてくれましたが、全然降りませんでした。
お願い、雨ふって。

関連記事

  1. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  6. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート