機械を使う機会

晴れが続いているのをいいことに耕したいところはほとんど耕してしまったので、あとは作付けしてある野菜の世話に集中することができます。
と思っていたら、じわりじわりと畑に草が生えてきています。
そろそろ草刈り機の出番か?と思わせるような勢いになってきています。
あの機械を長く使うと疲れるんだよね〜。
クワを持って働くのとは違ったいや〜な疲れ方。
機械を使ったときの疲れと、人力での作業による疲れとでは、疲れの質が違うといえばいいでしょうか。

人間の能力以上の力を制御するってのは大変です。
機械を使わないで農業ができればどんなに健康的か。
将来的にはそういう方向に持っていけるといいなとは思ってます。

関連記事

  1. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  4. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  5. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  6. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!