機械のサイズ

大嫌いな一斉耕耘。
春野菜、夏野菜の植付けに備えて畑を一気に耕す作業です。
小さな機械しか使っていないので、これがけっこう重労働。

松本自然農園方式では基本的に通路と畝は固定しています。
通路は通路として、畝では常に野菜を育てています。
だから畝は耕すことしかしないし、通路は土を畝上にあげることしかしません。
栽培が終わったところだけ耕して、また次の野菜を育てていく。
年中どこかしら耕していますが、一気に耕すことはあまりないので大きな機械は必要ありません。
むしろいらない。
ネギやジャガイモは面積をとるので面倒ですが、それも大きな耕耘機は必要なく「あったらいいなぁ」という程度。
耕す深さは10~15cm程度なのでやっぱり小さな耕耘機で充分。


ところが今日耕した面積はけっこうでかかった。
この場所、じつは冬の間、中部電力が電柱の移設工事をするとかで場所を提供していたのでなにも栽培していませんでした。
だからまっさらな状態。
新しく畑を借りた直後のように、せっせと耕しました。
1往復するのに約15分かかるので・・・耕耘幅45cmだと往復で90cm。
こりゃ大変だ。
とはいえ、ここも一気に植え付けるわけじゃないので少しずつやっていきます。
今回は今後の天候のこともあるので多めに耕しておきたかったんです。

まあもうすこし大きい耕耘機があってもいいかな。
自動車と同じで大型になれば快適でラクチン、でも燃費は落ちるしメンテナンス維持費用は大きくなる。
もちろん購入費用も大きくなる。
圃場面積にあわせて機械のサイズも考えていくことにしましょう。
今以上の面積を使うようになれば当然大きくしてもいいかなと思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  2. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  3. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  4. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  5. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実