来年の抱負みたいになってますが

いまは冬だけあって畑はさみしいもので、静かに目を閉じて畑の真んなかに立っていると心まで冷えてくるような気になります。
冷たい風が心に染みます。
なんででしょう?

さて松本自然農園は今年度が4年目。
なんとか順調に推移してきました。
みなさんのおかげです。
ありがとうございます。

日記をずっと読んでくれている方はわかると思いますが
これで生計を立てにゃ~いかんのだ!
と意気込んでいることがすごく多かったはずです。
そりゃそうです、新しく農業をやろうと思っている人が一歩を踏み出しやすい環境をつくりたいがために、農業で生計を立てられることを示そうとしてるんですから。
だから常に気を張って経営の拡大、安定に力を注いできました。
楽しいですがけっこう疲れます。
胃に穴があいたりはしませんが、肩はこります。
リゲ●ンとかチ●ビタは飲んだりしませんが、温かい煎茶で「ぷはぁ~」と一息つきます。

これであと1年ほどやれば有機で食ってくモデルとして一応は見本のひとつになれるかなというところまできているので、今後は少しずつゆる~い部分もつくっていこうかなとたくらんでいます。

そのたくらみのひとつが
食育・環境・医療・教育・福祉とのコラボレーション
です。
今までも農業体験やったり農を知ってもらう講座をひらいたりしてきましたが、こういうことにもう少し時間を割こうかなとそういうことです。
幸いなことに現時点で2009年以降に予定しているコラボアクションを数えただけでも10くらいあるので、松本自然農園のアピールをかねて色々と関わっていきたいなと思います。
と、なんか来年の抱負みたいですね。

気がかりは景気悪化。
なんせトヨタ自動車のお膝元ですから。
今後どんな影響がでてくるか・・・。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  2. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  3. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  4. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  5. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?

  6. モロヘイヤの初期収量をアップするには