来年の抱負みたいになってますが

いまは冬だけあって畑はさみしいもので、静かに目を閉じて畑の真んなかに立っていると心まで冷えてくるような気になります。
冷たい風が心に染みます。
なんででしょう?

さて松本自然農園は今年度が4年目。
なんとか順調に推移してきました。
みなさんのおかげです。
ありがとうございます。

日記をずっと読んでくれている方はわかると思いますが
これで生計を立てにゃ~いかんのだ!
と意気込んでいることがすごく多かったはずです。
そりゃそうです、新しく農業をやろうと思っている人が一歩を踏み出しやすい環境をつくりたいがために、農業で生計を立てられることを示そうとしてるんですから。
だから常に気を張って経営の拡大、安定に力を注いできました。
楽しいですがけっこう疲れます。
胃に穴があいたりはしませんが、肩はこります。
リゲ●ンとかチ●ビタは飲んだりしませんが、温かい煎茶で「ぷはぁ~」と一息つきます。

これであと1年ほどやれば有機で食ってくモデルとして一応は見本のひとつになれるかなというところまできているので、今後は少しずつゆる~い部分もつくっていこうかなとたくらんでいます。

そのたくらみのひとつが
食育・環境・医療・教育・福祉とのコラボレーション
です。
今までも農業体験やったり農を知ってもらう講座をひらいたりしてきましたが、こういうことにもう少し時間を割こうかなとそういうことです。
幸いなことに現時点で2009年以降に予定しているコラボアクションを数えただけでも10くらいあるので、松本自然農園のアピールをかねて色々と関わっていきたいなと思います。
と、なんか来年の抱負みたいですね。

気がかりは景気悪化。
なんせトヨタ自動車のお膝元ですから。
今後どんな影響がでてくるか・・・。

関連記事

  1. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  4. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  5. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!