苗を育てているビニールハウスではトマトが植えられています。
土質が畑のそれとはまったく異なるのでうまく育つのかわかりませんが、安定してトマトを供給したいという想いから半実験的に栽培をしてみます。
夏中は開けっ放しとはいえ、いわゆるハウス栽培になってしまうので露地栽培とはまた育て方が違って経験もないに等しいです。
「カメムシが~!」と言っていた昨年までとは違って今年は「オンシツコナジラミが~!」と言ってるかもしれませんね。
暑すぎて枯れるかもしれんし。

ハウス内には苗がすべて敷き詰められているわけじゃなく一部を使用しているだけなので、空いているスペースで先行して栽培開始。
トマトの苗を植えたのが4月11日でした。
いまだ一部の野菜が育苗中なので残りのトマトを植えられず待機していましたが、もう夜間の加温はしていないので思い切って育苗床を撤収することに。

すっきりしました。
残っている苗は端に寄せたり通路に置いたりして、さっそくトマトを植えました。

先に植えたトマトとサイズはほぼ同じ。
大きめのポットに移植していたので。
ただし葉色は薄いです。
これも数日経てば違いがわからなくなると思います。
もう第一花はすでに開花しているので、順調に育つなら6月中旬には収穫が始まるはず。
だいたいトマトは開花から45日くらいで収穫だと言われていますがそれは積算温度が900度というところから導かれています。
平均気温が20度なら900度÷20度=45日
という計算。
真夏なら30日くらいで収穫を迎えるし、冬場なら80日90日かけて収穫を迎えます。

さて今年のトマトはいつから収穫がはじまるんでしょうか。