愛知県は実態を把握できるのか

つい先日、当地域での農業改良普及課の方ならびに県職員が松本自然農園へやってきました。
遊びに、なんてわけありません。
ちょっと近くを通ったので、なんてこともありません。
約束の上でお越しいただきました。

県として有機農業の実態を把握したい。
そのための調査対象者として話を聞きたいとのことでした。
このことで僕にメリットはほとんどないと思うので断るのも手だったんでしょうけど、新規就農当時の苦い思い出が頭をよぎって断ることができませんでした。

10年ほど前になりますが、農地を借りるために各自治体の農政課をまわっているときのこと。
自治区内ですでに就農して10年ほどになる有機農家がいて、その農家は生活できるだけの稼ぎをいまだ得られていないという現実・事例を出して、「有機農業では食っていけないからやめておけ」と職員さんに優しくアドバイスされたことを昨日のことのように覚えています。

そもそもの母数が少ないため、数少ない情報から有機=食えないとされてしまっていたかもしれません。
実際に生計が成り立っている有機農家がどれほどいるかといえば、おそらく少数であることは間違いないと思うので、農政課の把握情報は正しいと言えるかもしれません。

そうだとしても、情熱をもって有機農業やりたいんです!と相談に来た人間に対して、厳しいからやめておけというアドバイスはしてほしくないですね。
慣行農業でも厳しいのに有機農業だけを特別視してほしくないですね。

これから新規就農したいと思っている人が、農地を借りるための窓口で不必要なフルイにかけられないように、行政側に有機農業でもちゃんとやっている事例があることを伝えるために、今回の有機農業実態調査に協力しました。

あとは、行政の協力によって研修生が毎年安定してやってくる、という効果があればラッキーだなという願いも。
これまで1~3名/年を受け入れてきてますが、0名の年があってもおかしくなかったわけで、このへんに確実性があれば作付計画も研修生ありきで立てられるようになります。

貴重な時間を費やしているので、今回の調査をしっかりと活用してほしいものです。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  2. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント

  3. ナスの芽かきと多品目栽培のキモ

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. モロヘイヤの初期収量をアップするには

  6. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?