性格上どうしても目が行き届かないところが

僕は自分の性格を知っています。
けっこう雑です。
テキトーなところが多々あります。
だから、せっかく苗を植えたのにそのまま放ったらかしになってしまって収穫にたどり着かないことも。
管理が行き届かないのは畝の端っこに植えた野菜で、ちょこっとしか植えてないとついつい手を抜いてしまいます。
一列ぜんぶ同じ野菜ならちゃっと手をかけられるのに・・・。
言い訳に聞こえます?
僕はこういうやつです。

就農当初は栽培規模が小さく、作付量が少ないので畝一列にいろんな野菜を植えることが多く管理不足になるものがけっこう出たのですが、今では1列単位2列単位で作付けするので僕的には管理しやすいです。
きっと人によって管理しやすい面積があるのでは?
とはいえ大量に作付けする必要がないものもあるのが困りモノ。
たとえばハーブ。
野菜セットのなかにちょっとアクセントとして入れるくらいなので、そんなにたくさん栽培しても余ってしまいます。
これまでバジルやミントを育ててきましたが、たいてい途中で放ったらかしになってました。
たとえば実験用品種。
次年度以降に戦力になりそうな品種を実験的に少量作付けすることもあるのですが、ちょっとしか植えないのでやはり管理がずさんになってしまいます。

自分の性格のせいと言ってしまえばそれまでですが、もっと余裕をもって畑全体を管理できるようにならないといけないんでしょう、きっと。
今年からは研修生がいるので単純に目が増えますし、ずさんなところを見せられないので気を引き締めていくだろうと思います。
ハーブの種類を増やして、珍品種を試したりして、お客さんが飽きないように多様な品種を選んだりして、研修生がやってきたことでお客さんが得をするような方向に進んでいけたらいいですね。

関連記事

  1. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  2. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  3. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市