当たり前のことを当たり前にこなす難しさ

自分が研修生を受け入れているせいもあるんですが、周りにいわゆる有機農家が増えてきました。
ここ数年で激増しているような印象です。
激増といっても元々が少ないのでたいした数ではありませんが。

こうやってライバルが増えてくると、自分自身のことについて改めて考えさせられます。
彼らに負けないだけの何かがあるのか。
彼らを相手に戦える武器があるのか。
たくさんある農家から顧客がうちを選んでくれるだけの魅力があるのか。

ただ単に長くやっているからという理由だけではお客さんはついてきてくれません。
松本自然農園から、松本直之から買いたいという明確な理由がなければ離れていくでしょう。
自分のウリは一体なんなのか、さらに前へ進むためにも明確にしなければいけません。

1.松本直之の個性が反映された野菜の品目・品種の選定
2.年間通して途切れずに(3月4月は休みだけど)出荷できる安定感
3.大手業者には真似できない細かな要望聞き
4.小規模農家に似つかわしくない事務作業のシステム化
5.徹底した時間管理・工程管理による省力化
6.空気と水が美味しい田舎からの野菜を届けられる
7.強力な営業担当者(ホームページの充実)

探せばあるもんですね。
中には他の農家さんが簡単に真似できるものもあれば、真似するのは難しいけど実現可能なものもあります。
推し進めたいのは1と2でしょうか。
つまり美味しい野菜をお届けするため栽培に力を入れる、という結論ですね。
なんだ普通の答えでした。

シンプルが一番難しい。

関連記事

  1. トラクター必須 思い込み問題

  2. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  5. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?