寒の戻りは体に悪いぞ

これが寒の戻りというやつなんでしょうか。
春二番が吹いたあとに寒さがもどってきてしまいました。
これが過ぎるとまた一歩春に近づくことになるんですね。
そう思いたい。
寒いのは苦手ですから。

そんな寒い中、畑に見学に来てくれた人がひとり。
収穫できる野菜がほとんどないようなさみしい畑を見学していってくれました。
手伝ってもらうような作業はなく、持って帰ってもらえるような収穫物もなく、見てて楽しくなるような緑あふれる圃場というわけでない。
そんな3月にきてくれて、実はちょっと申し訳なく思っています。
けれども話をじっくりとしたいという方であれば今の時期のほうがいいです。
まだまだ農閑期、時間をたくさん割くことができるので、ゆっくりと茶でも飲みながら雑談することができるからです。

畑の様子を見たいのなら夏・秋。
話をしたいのなら冬・春。
見学に来られる際はなにを重視するかによって季節を考えてもいいかもしれませんよ。
とはいえ、行きたいと思ったら即行動が一番でしょうね。

関連記事

  1. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  2. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  3. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  4. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  5. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  6. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート