完成なのか未完成なのか・・・どっち?

ようやくビニールハウスが完成しました。
ん?
昨年からあったじゃん!って?
そうですね、未完成のハウスがありました。
もちろん普通に使用できました。
なにも不具合はありません。

できていなかったのは入り口です。
これまでずっとビニールを垂らしていただけなので、出入りで色々と不都合はありましたね。
苗の入ったトレイを持っていくときにビニールが邪魔になったりするくらいですけど。
強い風が吹くとばたついて寒いという欠点もありました。

今日ドアを取り付けたのでもう大丈夫。
ビニールハウスがついに完成しました。
完成した瞬間から崩壊が始まる。
という古事からわざと未完成の部分を残していることで有名な日光東照宮の例があるので、完成したとは言いたくないのですが・・・。
あ、あった。
まだやってないところが。
たいしたことじゃないですが一応未完成、ということで。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  2. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  3. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  4. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  5. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  6. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・