宅配伝票の手書きが終了しました

以前、プリンターを買ったという話をしました。
宅配伝票の印刷のため、という理由にも触れました。

宅配業者の伝票印刷システムをパソコンにインストールして、あーでもないこーでもないといじっていましたがようやく動き出しました。
パソコンの前に座っているだけで伝票が出来上がってくるので非常にラクです。
まだシステムに慣れていないので時間がかかっていますが、慣れればかなり速いと思います。
事務仕事は少ないに越したことはないのでうれしい時間短縮です。

さらに、業者の営業所に持ち込んだときの処理時間も短くなりました。
これも配達時間の短縮につながります。

どんどん手書きの要素がなくなっていきます。
野菜の説明書き、郵便振替用紙なんかも印刷しちゃってますし、手書きによる温かみを感じられるところがなくなってしまったのはある意味さみしいものです。
なんでもかんでも時間短縮だ!ってのは考えものですね。

一方、農作業で機械に頼らないこだわりを持っているのが種まき。
播種機もってますが使っていません。
命の種まきは自分の手から落としてあげたいなぁという気持ちからですが、時間短縮だけを考えればけっしてお利口な選択ではありません。
けどまあ種まきは丁寧に気持ちを込めてやりたいなぁと思っているわけで、まだしばらく作業が間に合わなくなるようなことがない限りは死守していきたい一線ですね。

効率化を進めていく中にも非効率を残していく。
これがけっこう楽しいんですよ。
はたから見ればバカじゃない?って感じですけど。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  2. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  3. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  4. 春のアブラナ科抽苔を防ぐ3つの方法

  5. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  6. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある