大根にあらわれた異型

見た目はソフトボールのよう。

切ると真っ赤な変わった野菜、紅芯大根です。
そうです大根です。
レストラン向けとして栽培している品種ですが、数はたくさんあるのでもちろん家庭向けのセットにも入ります。
そろそろ収穫です。


じゃあこれは?
これも紅芯大根
そんなバカな!と言いたくなるのは僕も同じです。
紅芯大根としてタネをまいたのに、なにやら変わった大根が育っています。
形状や生育がばらつくのは固定種の宿命。
(固定種・・・その植物から採った種から親と同じ形質の株が生まれるもの。現在の主流は交配して生み出された交配種。)

わかっちゃいるけど変な形ができてくるとビックリします。
この大根も切ると真っ赤なのかな?

関連記事

  1. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  4. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  5. 【天下統一】農業版”食べログ”の衝撃。チョクバイ!は直売市場をひとつにまとめるか

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?