夏の定番にかかる期待は大きい

昨年の植え付け時期は4月10日。
そして収穫開始が6月20日より。
育苗用ハウスでのトマト栽培の記録です。

ハウスが建つ前は草がボーボーになっていたところなので、試しに無施肥で育ててみたら意外に育ってしまったトマト。
養分はちゃんとあったようです。
天井まで簡単に届いてましたし。
砂まじりで水はけがよく、ハウス内にはほとんど浸水がないのでトマト栽培にはうってつけの環境ですが、とにかく乾くので地面はカチカチになっています。
そこへ昨年はカチカチのまま植え穴だけスコップで掘って苗を植えました。
トマトだからこそできる芸ですが、これでけっこうスムーズに生育してくれた記憶があります。

今年も同じことをやってうまくいくとは限りません。
養分がなくて早々に肥切れする可能性もあります。
でもやっぱり今年もカチカチトマト栽培やります。
肥切れの症状が出たらそのとき考えます。

ということで本日ハウス内にトマト定植です。
まだ育苗中なので苗床があってすべてを植えることはできませんが、空いているスペースだけ先行して植えてしまいます。

昨年の反省を生かしながら、毎年短期間しかお届けできない貴重なトマトを、もう送ってこないでくれと言われるくらいに収穫してみたいですね。

関連記事

  1. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  2. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  3. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  6. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート