夏の定番にかかる期待は大きい

昨年の植え付け時期は4月10日。
そして収穫開始が6月20日より。
育苗用ハウスでのトマト栽培の記録です。

ハウスが建つ前は草がボーボーになっていたところなので、試しに無施肥で育ててみたら意外に育ってしまったトマト。
養分はちゃんとあったようです。
天井まで簡単に届いてましたし。
砂まじりで水はけがよく、ハウス内にはほとんど浸水がないのでトマト栽培にはうってつけの環境ですが、とにかく乾くので地面はカチカチになっています。
そこへ昨年はカチカチのまま植え穴だけスコップで掘って苗を植えました。
トマトだからこそできる芸ですが、これでけっこうスムーズに生育してくれた記憶があります。

今年も同じことをやってうまくいくとは限りません。
養分がなくて早々に肥切れする可能性もあります。
でもやっぱり今年もカチカチトマト栽培やります。
肥切れの症状が出たらそのとき考えます。

ということで本日ハウス内にトマト定植です。
まだ育苗中なので苗床があってすべてを植えることはできませんが、空いているスペースだけ先行して植えてしまいます。

昨年の反省を生かしながら、毎年短期間しかお届けできない貴重なトマトを、もう送ってこないでくれと言われるくらいに収穫してみたいですね。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン02】面積の単位 は尺貫法がいい?やっぱりメートル法?

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?

  4. ネギの抽苔(トウ立ち)は防げるのか?

  5. 【農業のキホン01】新規就農者には3つのスタイルがある

  6. ズッキーニの収穫作業から顧客の顔を想像する