土手の草刈りは大変です

いつの間にかGW。
世間は長期連休に入っていたんですね、豊田市の避暑地と言われる下山村を軽トラで走っているとあちこちに人やら車やらがたくさんいるので気づきました。
快晴でさぞかし楽しい休日になっていることでしょう。
年中休日の僕にはあまり関係ない他人事に思えるGWなのです。


さて今日は、土手の草刈りをしました。
ようするに畑の周りの草刈りです。
これをきっちりやっていると近所の人から良い印象をもたれるのですが、野菜に手をかけるのが優先されるのでいつも後回しになって引け目を感じています。
今回はけっこう早い段階で草を刈ったので
「おっ、きれいに管理しとるのぉ。」
と思われることうけあいです。
たぶん。

土手の面積が多いところを借りているので草刈りにかかってくる労働力はけっこうなもんで、平地で農業やってる方々がうらやましくなることもあります。
けど周りの景観も含めての松本自然農園なので、土手があるのは実はゆずれないところだったりするわけです。
と自分に言い聞かせないと、土手草刈りでへこたれてしまいます。
まだあるぞ 土手の草刈り 夏が来た

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  2. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  3. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  4. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  5. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  6. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!