土手の草刈りは大変です

いつの間にかGW。
世間は長期連休に入っていたんですね、豊田市の避暑地と言われる下山村を軽トラで走っているとあちこちに人やら車やらがたくさんいるので気づきました。
快晴でさぞかし楽しい休日になっていることでしょう。
年中休日の僕にはあまり関係ない他人事に思えるGWなのです。


さて今日は、土手の草刈りをしました。
ようするに畑の周りの草刈りです。
これをきっちりやっていると近所の人から良い印象をもたれるのですが、野菜に手をかけるのが優先されるのでいつも後回しになって引け目を感じています。
今回はけっこう早い段階で草を刈ったので
「おっ、きれいに管理しとるのぉ。」
と思われることうけあいです。
たぶん。

土手の面積が多いところを借りているので草刈りにかかってくる労働力はけっこうなもんで、平地で農業やってる方々がうらやましくなることもあります。
けど周りの景観も含めての松本自然農園なので、土手があるのは実はゆずれないところだったりするわけです。
と自分に言い聞かせないと、土手草刈りでへこたれてしまいます。
まだあるぞ 土手の草刈り 夏が来た

関連記事

  1. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  2. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  5. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  6. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる