国際化の波

めずらしいお客様の見学がありました。
だいたい、うちに見学にきてくださる方たちは
これから就農をしたいと思っている人
就農して数年くらいの農家
消費者
もともとの知り合い
飲食店関係者
などでした。
今回来られた方は上記のどれでもなく、しかも中国から来てくれました。
この方の素性などは詳しく書きませんが、正直なんでうちに?という感じです。
とにかく器がでかいというか、僕がまったく手の届かない領域を走っている方です。

彼にとって僕に会いに来たことによって得たものはあったのか、それだけが気がかりです。
もちろん僕にとっては貴重な出会いでしたし、彼の生き方・考え方などプラスになるものはたくさんいただきました。
会えたことはもちろんプラスですが、僕が出向かなければならないような出会いでした。
わざわざ会いに来てくれて、おみやげを置いて帰っていく。
なんだか愛の伝道師(?)みたいな方ですね。

今回の出会いは何を意味しているのか、なぜこの出会いがこのタイミングであったのか。
もうすこし整理が必要かもしれません。

関連記事

  1. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  2. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  3. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  4. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  5. 5/16締切 新規就農を全面的にサポートします!

  6. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?