古い車ですから壊れることもあります

ふふふーんと鼻唄まじりに軽トラックで配達。
いつものように運転していました。

配達も後半にさしかかって、あとすこしだと思いながら変速。
マニュアルなのでクラッチを踏んでギアをチェンジします。
???

ん?クラッチ踏んだときにガリガリッと音がしたような・・・。
踏んだ感触もなんだかいつもと違う・・・。

そう感じながら変速すること数回。

スコーーン

とクラッチを踏む感触が軽くなりました。
なんだ~?
焦って何度も踏んでみるけど手ごたえなし。

ギアは入っているから車は走るけど、このまま走ってたら変速できなくて危険なので安全なところに停車。
車から降りて自分で点検してみるけど、クラッチ関連だとわかるくらいで何が起きたのか不明。
いや~まいったなぁ。
壊れちゃったよ・・・。

近所の人に聞いたりタウンページ調べたりしながら修理工場を探したけど、結局JAFのお世話に。
調べてもらったらクラッチワイヤーが切れたみたいです。
ワイヤー交換すればOKらしい。
それでも部品取り寄せに日数がかかるので車は修理工場において帰ることになってしまいました。
修理工場では代車の空きがなかったので数日間は足がない状態。
畑には歩いていけるからいいけど、配達日にないと困る。
水曜日までに直って戻ってくるといいんだけどなぁ。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  2. 脇芽トマト苗が仕上がってきたので定植します

  3. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  4. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  5. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう