初かもしれないトマト用雨よけハウス

毎年がっつり作るとかたんまり収穫するとか言っておいて、結局たいしたことなく終わってしまうトマト。
病気が広がることもあれば、長雨で玉が割れまくることもあれば、ハクビシンなどの獣害に遭うこともあれば、カメムシなどの虫害に遭うこともあれば、手がかけられず管理が遅れて収穫量が上がらないこともある。

つまり、なんだかんだいって栽培は難しいということ。
それでも栽培そのものは野菜の中でもピカイチでおもしろいし、お客さんの人気も非常に高い。
野菜セットの中の一品に過ぎないのだから、これを外してしまえば栽培管理的にはすごくラクなんだけど、需要がそれを許さないし一品とはいっても逸品になったりするのでやめられない。

というわけで。
今年もなんとか形にしたいと手をかけています。
露地でもあちこちに植えたし、雨よけハウスも建てた。
雨よけハウスはネットで囲った。

株数は(ちゃんと数えてないけど)おそらく昨年の1.5倍くらいあると思う。
いや、2倍くらいあるかも。

期待しないでくれ、とあらかじめ断っておきたいけど、うまくいくことを願っていて下さい。

関連記事

  1. 【時給】農業収入ってどのくらいあるの?農家ってちゃんと生活できているの?

  2. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  3. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  6. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?