初かもしれないトマト用雨よけハウス

毎年がっつり作るとかたんまり収穫するとか言っておいて、結局たいしたことなく終わってしまうトマト。
病気が広がることもあれば、長雨で玉が割れまくることもあれば、ハクビシンなどの獣害に遭うこともあれば、カメムシなどの虫害に遭うこともあれば、手がかけられず管理が遅れて収穫量が上がらないこともある。

つまり、なんだかんだいって栽培は難しいということ。
それでも栽培そのものは野菜の中でもピカイチでおもしろいし、お客さんの人気も非常に高い。
野菜セットの中の一品に過ぎないのだから、これを外してしまえば栽培管理的にはすごくラクなんだけど、需要がそれを許さないし一品とはいっても逸品になったりするのでやめられない。

というわけで。
今年もなんとか形にしたいと手をかけています。
露地でもあちこちに植えたし、雨よけハウスも建てた。
雨よけハウスはネットで囲った。

株数は(ちゃんと数えてないけど)おそらく昨年の1.5倍くらいあると思う。
いや、2倍くらいあるかも。

期待しないでくれ、とあらかじめ断っておきたいけど、うまくいくことを願っていて下さい。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  2. 夏野菜の苗で50穴セルトレイを使うのは理由がある

  3. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  4. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  5. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  6. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット