出荷量予測が難しい

寒さが強烈。
野菜がけっこう痛んできました。
山東菜やレタスは葉が痛んできてさみしい状態に。
からし菜も一部出せないかなぁくらいの状態に。
全体的に出荷できそうな品目が減ってきて、ちょっとビビッてます。

いちおう2月末までは出荷する予定なんです。
そのつもりで作付けをしてきたんです。
でも残り6週間、野菜足りるかなぁ・・・と不安になりそうな感じになってきました。
あと1ヶ月くらいは出せるかな・・・。

10月末までに播種・定植を済ませてしまうと、そこから先は収穫していくだけ。
多めに栽培していたつもりですが、思ったよりも出荷していく量が多かったようです。
2月末の時点で「いや~余っちゃったよ~」ってなくらいが精神的にもちょうどいいんですけどね、難しい。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  3. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  4. 【溜息】張ったばかりのビニールマルチが穴だらけ!誰じゃあ!!

  5. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市

  6. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう