冬の楽しみはすぐそこに

楽しい楽しい冬時間。
来年の作付け計画が待っています。

どんな野菜を育てようか。
どんな品種を選ぼうか。
どこにどんな野菜をどれくらいの量で?
前年の失敗を乗り越える作戦、打開策は?

考えることは山ほどあります。
パズルを組み合わせるように畑の中を隅々までデザインしていく。
まるでアーティスト。

これが冬の楽しみ。
計画がしっかりと練ってあれば、夏のくそ忙しい時期でも余裕を持って仕事をすすめることができる。
それくらい重要な仕事です。
楽しみながらも真剣に。
来年の成否はこの冬にかかっているといっても過言ではありません。

まずは品種選びからやりますかね。

関連記事

  1. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  2. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる

  3. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  4. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. 【農業のキホン06】CEC陽イオン交換容量とは?この数値をどうやって使いこなす?