冬だからこそ明るい色が欲しい

冬野菜は彩りにバリエーションが少ない傾向があります。
カブや大根の白色
水菜、小松菜のような葉もの野菜はだいたい緑色
人参のオレンジ
こんなもんです。


ところがどっこい。
ちょっと品種を変えると彩り豊かな料理に変身してしまいます。
オレンジの人参とイエローの人参。
菜の花、ブロッコリーの
薄桃色の大根と白い大根。

オレンジ、黄、緑、桃、白。
単なる炒め物ですが、なんだかウキウキするようなカラーバリエーションです。
嫁いわく、春爛漫
だそうです。

関連記事

  1. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  2. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  6. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰