体はラクだけど心が痛い

秋野菜の苗を育てています。
この時期に育てる苗はキャベツやブロッコリーがメインというか、そのあたりがほとんど。
失敗しても野菜セットはつくれるけど、ないと水菜や小松菜などの軟弱葉野菜に頼らないといけないので古い葉を落とすなどの出荷調整作業が大変になります。
秋冬の労働時間はキャベツやブロッコリーの成否にかかっている、ということですね。

一番最初に播いたものは発芽に失敗したけどすぐに播き直して現在生育中。
今日も別の品種を播きました。
虫対策、暑さ対策をして良好な苗に仕上げようと設備を整えていますが、どうにもならない懸念材料が・・・。
最近の天気。
なーんか晴れがない。
くもりや雨の日がやたらと多い。
茎がどっしりと太い苗を育てようと思っているのに、晴れの日が少ないとどうしてもヒョロヒョロと弱い苗ができてしまいます。
なんとかならんかな。

光合成細菌を培養している液を散布するとか、方法がないわけじゃないけど、でもそこまでしなきゃいけないのか?
自問自答してます。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  2. SNS活用の効果が高いのはどんな農家?どんな情報を発信すればいい?

  3. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う

  4. 【地域格差】平地の農業はやっぱり強い!都市・中山間地域で食える農家になるにはコレしかない!

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・