事件は現場で起きている

「LOHAS Studio 緑」がオープンしました。

とはいえ日中に予定が入っていたので、朝に野菜を置いてきただけです。

珍しい品種もたくさんあるので野菜の説明をしてきましたが、たぶんお客さんに充分に伝えることはできなかったのではと思います。

しょうがないですね、それは。

作った人じゃないと満足できる説明はできないでしょうから。

今日はあいにくの雨。

そのせいか野菜の売れ行きはあまりよくなかったようです。

聞いた話なのでどんな状況だったかはわかりませんが。

打木源助大根、紅芯大根、赤からし菜、黄にんじん、男爵ではないデジマというジャガイモ

スーパーでは見られない品種の野菜が多いから食いつくと思ったんですけどね。

説明が足りないから買うに至らなかったのか。

単純に客足がのびなかったのか。

価格設定が高すぎるのか。

価格が高くて買ってくれないのはあきらめます。

趣味ではなく専業でやっている有機農家として、安くして売りさばいても自分の首をしめる結果になるだけですから。

その場で売れても後々困りますもん、安くすると。

有機野菜が高い理由をわかってほしいです。

安さだけに飛びつくお客様を相手にしていると零細農家はやってけません。

零細農家ってうちのことね。

本物の味と本当の安心を求めるお客様が対象です。

よろしく。

直売では売ることよりも松本自然農園を宣伝することが優先です。

目先の利益には目もくれません。

ま、売れるに越したことはないですが。

関連記事

  1. 【我流】ナスの鉢上げなのにセルトレイ?ポリポットはどうした?

  2. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  3. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  4. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  5. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り

  6. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!