ヤーコンの出来


ここのところの霜ですっかり枯れてしまいました。
ヤーコンです。
枯れて残念、というよりは枯れてからが収穫なので待ってましたという感じ。

さっそく掘ってみました。

うむ、なかなかのもんじゃないかね。
今年の夏は雨がほんとにすくなくて、ヤーコンにとっては厳しい季節でしたがこうして大きなイモが採れるとうれしいものです。
来年もつくりたくなりますね。

ただし今年はイノシシに半分以上ひっくりかえされました。
そのおかげで大きくなりきれなかったイモがたくさんあります。
これはイノシシを防げばいいだけなので来年はきっとドッサリ収穫できることでしょう。


ヤーコンのいいところは種芋を買わなくていいこと。
食べるところと種芋にするところが違うので、いちど栽培すると種芋が大量にでてきます。
これを春先まで保存しておいて、育苗してから畑に植える。
基本的には無農薬で栽培できる野菜なので、夏の草とりだけ気を張っていれば栽培に関しては問題ない。
すばらしい野菜です。

問題なのは、料理方法。
生でサラダで、酢の物、漬物、ジュース、キンピラ・・・
毎週セットに入っていても困るでしょうから作り過ぎないように気をつけないとね。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  4. 【基礎編】トマトを栽培するときの最重要ポイントとは?

  5. 【成功?】芽だししたタネをセルトレイへ。カボチャとモロヘイヤ

  6. 無料イベント登壇のお知らせ:10月14日名古屋市