モロヘイヤの復活

数日前に降った雨で地面はすっかりしっとり。
野菜たちも心なしか元気になった気がします。

とくに顕著な動きを見せたのがモロヘイヤ
雨の前までは吸える水がなくて動きが完全にストップしていました。
モロヘイヤって茎を次々に摘み取って収穫していくのですが、新しい茎葉がでてこないんです。
いつまで経っても。
収穫は毎週2回あるのに摘み取れる茎葉がなくなっていく恐怖。
まさかモロヘイヤにひやひやさせられるとは思ってもみませんでした。
干ばつの被害をうけない強い植物だと思っていたんですが。

雨の後、一気に生長を開始。
若くて力強い茎葉をどんどん伸ばしていきました。
今日収穫したのですが、勢いがあるからなのか節間が長くて柔らかい。
手で摘み取れるくらいのところだけを収穫しているので、ふだんはホントに先端のところだけの摘み取りになっているのですが、今回はいつもの倍の長さで収穫できました。
なんだか得した気分。

モロヘイヤの専業農家ともなると水管理をしっかりしているのでしょうか?
ちゃんと水をやっていれば柔らかいモロヘイヤになるみたいですし。

まあ自然に任せてしまうほうが生命力豊かなモロヘイヤになりますけどね~。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. ジャガイモ種芋の植え方について

  2. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  3. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  4. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  5. 春のアブラナ科抽苔を防ぐ3つの方法

  6. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない