ホウレンソウがデザートになります

ホウレンソウの旬は冬。
まさに今が旬です。

畑にはホウレンソウがずらずらと残っていますが、ちょっと肥料切れの症状がでていて出荷しづらいのでそのまま放置されています。
ですが家で食べるのには問題ありません。
どさっと持ち帰って食べています。

甘くておいしい。
食べたあとに口の中に残る苦味をまったく感じない。
さっと茹でただけで美味しく食べられるので他の調理をする気にもならない。
そんなホウレンソウです。

最近あまりにも甘くておいしいので糖度(Brix)を測ってみたら
12度
くらいありました。
この数値、わかる人にはわかります。
どれくらい高い数値なのか。

よく「寒締め(かんじめ)ホウレンソウ」という名前が登場するようになりましたが、これはハウス栽培で収穫前に外気にさらして低温にあてることで糖度の上昇を狙ったホウレンソウのこと。
寒さで締めるというわけ。
寒締めを行ったホウレンソウは、低温ストレスにより糖度の上昇、ビタミンC、ビタミンE、βカロチンの濃度の上昇が起こるそうです。
露地栽培で常に寒さに耐えてがんばっているホウレンソウは・・・甘いはずですね。

ただ甘さだけを追及するなら寒さに当てればいいわけですが、ホウレンソウ特有の苦味(シュウ酸)をどこまで減らせるかというのは栽培方法に依存されます。
ざっくり言ってしまえば肥料たっぷりの栽培をすると苦味が増します。
無肥料栽培でうまくホウレンソウを栽培できたのなら、それはもう絶品でしょうね。
ホウレンソウは肥料食いなのでかなり難易度高いでしょうけど・・・。

ホウレンソウがすくすく育つことができる肥料分ギリギリのところで上手に栽培できれば、もしくはシュウ酸がたまらないような栽培のコツをつかめば、絶品ホウレンソウをお届けできると思います。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  2. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  3. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  4. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  5. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  6. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?