フライングトマト

3月24日の日記に書いていた管理機のVベルト、注文していたのが届いたようなので買いに行ってきました。
こんなに早く届くと思っていなかったので感激、迅速な対応は非常にありがたいです。

ハウスの中では一番面積をとっているトマト。
彼らの成長が早くて、もうそろそろ畑に植えてもいいんじゃないかという状態にきています。
まだ3月下旬なんですが・・・という僕の気持ちを無視してひたすら成長。
同じころから育てているナスやピーマンはまだ小さいので、ハウスの中がトマトにとっての適温であることが多いのかなと思います。

畑にビニールハウスをもっているわけではないので、霜にやられないように対策する必要こそありますが、たくましく成長してくれるトマトに文句を言うつもりはありません。
そのまま生きてちょうだい。

関連記事

  1. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  2. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  3. 【反映】ズッキーニの誘引ちょっと違うんじゃね?というご意見をいただきましたので・・・

  4. 【情報の価値】生産者と消費者をつなぐオンラインマルシェ「ポケットマルシェ」は何がすごいの?

  5. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  6. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?