ビニールマルチを局所的に使用しよう

有機農業やってる人でもビニールマルチはよく使うようです。

こういう風景はあちこちで見られると思いますが、この黒いのがビニールマルチです。
地温上昇による成長促進
遮光による雑草の抑制
蒸発を抑えることによる保水
などが黒ビニールマルチを使用すると得られる効果と考えられています。
そんなにうれしい効果があるならじゃんじゃん使用したら?
と思われる方もおられるでしょう。
たしかにこれを使えば野菜の育ちはよくなります。
草が抑えられるので夏の草取り時間が減ります。
でもね、地温上昇によって地中の微生物相が変化したり有機物分解が進みすぎたりするので僕はあんまり好きじゃないんです。
また、堆肥をばんばん入れるんだったらビニールマルチは長期的に見ても有効でしょうけど、うちでは堆肥を使用しないのでマルチを多用すると土が痩せていってしまいます。
草を生やして有機物を確保しつつ、あくまで自然な地温で微生物相を安定させる。
という考えてここまでやってきてますから、なるべくならビニールマルチは使わないで今後もやっていきたいと思います。

・・・と前置きしておきながら

ビニールマルチを張りました、という話。
冬越しする野菜、ニンニクやタマネギといった品目に関しては地温が足りずに玉が大きくなっていないなぁという印象がこれまでの経験から得られています。
とくに圃場は標高300mほどの高地にあるので平地に比べると冬は意外に厳しいです。
だから冬越し野菜に関してはビニールマルチを使ってみようかと思います。
うまく生育するかしら。
乞うご期待。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  2. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える

  3. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  4. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  5. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  6. 【日課】毎日精力的にズッキーニの子作り