ハッピーカレッジ講演会

ハッピーカレッジ講演会
しゃべってきました。
冷やかしの応募はほとんどなかったようで、ありがたいことに用意した席はぎっしりと埋まっていました。
50人って多いですね・・・。
こんなたくさんの人前でしゃべらせてもらえるなんてありがたいことで、自分で募集をかけたってこれほどの集客力はありませんから、人のつながりってつくづく大切だなぁと感じさせてくれました。
きてくださった皆様、ありがとうございました。
スタッフの皆様、ありがとうございました。

ざっと見渡してみると僕の親世代もしくはそれ以上(と思われる)方々がほとんど。
こりゃ家庭菜園なんかをやってて無農薬栽培に興味があるから来たという方が多いのでは?
と推測できましたが、直前になって話す内容を変更するなんていう芸当ができるはずもなく、あらかじめ組み立ててある話を口から音にするだけです。

講演のおおざっぱな流れは
農園の概要 → 自転車日本一周 → 松本自然農園の歩み
ですが、自転車の話が半分、農業の話が半分といった時間配分でした。
来てくださった方々の興味や年齢層がわかっていれば、おそらく農業の話をほとんどにして全体を組み立てていたと思います。
とはいえ自転車の話でも興味を持って聞いていただけたように見受けられたのでよしとしましょう。
おそらく自分の息子を見るような感じで話をきいていたのではないでしょうか。
両親を説得するのが大変だった、というあたりは妙に頷かれた気がするので。

就農の経緯なんかも聞いていただきましたが、一番の食いつきポイントはやっぱり栽培の話。
通路に草を生やすのはわざとなんですーとか、オカラと米ぬかを混ぜて発酵させて肥料にしてるんですーとか、自分で家庭菜園やられている方は無農薬でやりたいと思っているせいか栽培のコツに興味津々。
小手先の技術だけを伝えてもいかんかな~と思って微生物による発酵・腐敗など土作りのベースになる話をしてしまいましたがうまく伝わったでしょうか?

今回、講演会をやらせてもらって僕自身すごく勉強になりました。
自分が通ってきた道なので話すことは簡単ですが、要点をかいつまんでいかにわかりやすくおもしろく伝えるか、全体として話の流れをどのようにつくっていくのか、聴衆の反応による時間配分、など改善点は数知れず。
やってみてわかることって多いですね。
次回またどこかでしゃべらせてもらえる機会があったら、今回の反省を活かしながら松本節を披露できればと思います。

といいつつ刈谷市で来年しゃべる予定をすでにいただいてきました。
今度のは座談会風なのでもっと気楽にできそうですが、なんにせよ準備だけはしっかりしていきます。
お楽しみに。

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  6. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?