ニンジン掘ってしまえ〜


下山の畑で獣害がひどくなってきたので、全滅する前にニンジンを掘ってしまうことにしました。
今朝行ってみると、明らかに昨日よりも被害が大きい。
葉が食べ尽くされてしまったかのような状態です。
根の部分も食べられてしまったところも多々あり、このままでは収穫物がなくなってしまいます。
原因はシカのようなので電気柵を設置しても飛び越えられて意味はなく、いまのところの対策は収穫してしまうことだけです。

粘土質で抜きにくいニンジンを一気に収穫。
葉がないので引っこ抜くこともできず、スコップで土をほぐしてから抜いていきます。
これがかなりのタイムロス。
葉がついていれば「エイヤッ」で簡単に抜けるのでしょうけど。

収穫量はそれほどないだろうと思っていたのですが、終わってみると軽トラックの荷台が山になるほどでした。
でも、ここから割れてしまったものなど出荷に耐えられないものを選別していくと、じつはあんまり残らないんですね。
どうも品種によって割れやすものがあるようで、今回収穫した品種は割れやすかったようなので。
これは教訓として来年以降に生かします。

シカの被害がすごかった。
立派なのを選んだかのように食べられてるんですよ。
さすがですね。
これにはお手上げ。

関連記事

  1. 【応用編】有機・多品目栽培でトマトはどのように育てるべきか

  2. 【お知らせ10/27イベント】有機農業者であれば必見の内容です。

  3. 【農業2020】農家がYouTubeを始めるときの処方箋|3つのPを意識しよう

  4. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  5. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  6. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です