ナスの低温障害

木曜発送のお客様より、ナスが傷んでいたとのご指摘をいただきました。

調べたところ、どうやら低温障害によるものと思われます。
ナスは低温に弱く5度以下の状況で長時間置かれると腐っていってしまいます。
●●クール便では冷蔵指定すると0~5度に管理された保冷庫で保存されるそうなので、このときにナスが傷んだ可能性が高いと思われます。

当面はクール指定が続くので今後もこのような事故が起こらないか心配です。
昨年このようなことをご指摘いただいたことはなかっただけに、今回のことは非常に気になります。
たまたま冷やされすぎただけなのか、それとも実は確率としてはけっこう高いのか。
場合によっては業者を変えることも検討しなければならない問題です。

一人で配達に回れる範囲には限りがあるので業者を利用しているわけですが、荷物を他人に任せるときにはこういう事態も考えておかないといけないんですね。

関連記事

  1. 農業人口減少と高齢化 ピンチではなくむしろチャンス!

  2. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  3. 【お試し】ズッキーニがオクラのように高くそびえたつ・・・だと!?

  4. 農家向け補助金探しのパワーツール「逆引き事典」を積極活用せよ!

  5. 【農業のキホン05】F1品種 とは?農家の口から出るF1はスポーツカーではない

  6. 【妄想】大根のタネを播きながら「やる気スイッチ」について考える