タアサイ旋風


今日の配達で初のお目見えとなったタアサイ。
食べるとおいしいのですが、なにせ度肝を抜く容姿なのでちょっと損をしている気がします。
かごに収まりきらず、野菜セットかごに蓋をするように乗せていきました。
直径にして30cmはありますから。

スーパーではなかなか見られないタアサイ。
存在は知っているけど食べたことがない人、見たとたんうれしいと悲鳴をあげてくれる人、グロテスクだと言ってさわろうとしない人。
いろんな反応を見ることができました。
いちおう野菜なんでね、食べてくださいよ。

タアサイはまだ畑にたくさんあるので、冬の間に何回か出荷することになると思います。
見た目の評価は人それぞれですが、味はけっこうイケるので慣れれば毎週セットに入っても文句は言われないでしょう。
たぶん。
自分では買わない野菜、スーパーで買うことができない珍しい野菜、これらを強制的にセットに入れちゃうのが松本自然農園です。
いつのまにか野菜博士になりますよ、毎週セットをとっていると。

これから農業を始めようとしている方へ

ワクワクする未来の農業を作る作戦会議の場所として、気軽に情報共有できる場としてのコミュニティスペース。
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これからの農業を盛り上げていく新しい農業に挑戦する仲間を募集しています。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  3. 【変化球】発芽適温が高いタネは奥の手で発芽させようか

  4. 【軽快】発芽そろって気分よくゴーヤの鉢上げ

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【成長】不織布を片づけながら一石二鳥を狙う