ゴーヤの種とり

秋野菜をどんどん植えていきたいのでゴーヤは片付けました。
だいぶ涼しくなってきたせいかゴーヤを食べたいと思わなくなってきているのでokでしょう。
まだ小松菜のタネを播いてないので場所確保のためゴーヤ様には撤退してもらいます。

片付けるとなると大量に出てくるのがゴーヤ。
茂った葉の影から出てくる出てくる。
わんさかゴーヤを収穫できました。
ゴミ袋(大)にいっぱい入るくらい、と言ったらわかるでしょうか。
まだ栽培続けたほうがいいんちゃう?という甘い誘いを振り切ってすべて撤去しました。

そして完熟している果実は種とり用。

黄色くなっているゴーヤを割ると、中から赤いゼリー状の粒がたんまり入っています。
このゼリーの中に包まれているのがゴーヤのタネです。
このタネを集めて、晴れた日に乾燥させて、あとは来年の種まき時期まで冷蔵庫で保管します。
こうしてゴーヤの命が循環するんです。

これから農業を始めようとしている方へ

農業をやってみたいけど一歩を踏み出す勇気が出ない。安定した収入を得られるか分からない不安。作物をうまく育てられるんだろうか、作ったものが適正価格で売れるんだろうか、そんな悩みを抱えていませんか?
分からないことを相談したり、仲間同士で励まし合ったり、これまでなかった農業のカタチを生み出したり。
これから新規就農したいと考えている人にぴったりの農業コミュニティがあります。

詳しくはこちら

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【悲劇】春の定植祭りは狂気の沙汰

  2. 【腰痛】黒ビニールマルチにジャガイモを植え付けるのは流行るか?

  3. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  4. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  5. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  6. 【我流】ヤーコンを育苗するとかマジですか!?