オイル交換?Yes, We can!

先日修理をした耕耘機ですが、なんだかパワーが落ちてきて思ったように耕すことができない。
ちょっと草が茂っているとロータリーの回転が止まるので、浅くしか耕せません。
そんなはずはない、こいつは7馬力あるんだ。

もっと潜在能力を発揮してくれ~。

と思いつつ、そういえばギアオイルをずいぶん長い間交換してないなぁ、と気づく。
パワーが落ちた時はスパークプラグか、ベルトがゆるんでいるか切れているか、あとはギアオイルの汚れを疑うんですが、チェックしたところ今回は汚れたオイルが原因だろうと推測しました。

オイルを抜いてみると汚いのが出る出る。
どんどん出てくるオイルを見ながら、こんなになるまで放っておいたことを深く反省しました。
長く使いたいならまずはマメなオイル交換ですもんね。
新しいオイルを補充してさっそくエンジンを始動。
試しに耕してみると、やっぱりパワーが戻っていました。

さあこれで夏野菜用に残っている場所を一気に耕しますよ。

関連記事

  1. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  2. 【後手】ナスには申し訳ないと思うが私はあなただけを愛することはできない

  3. 農家のための災害復旧支援。国はどこまで助けてくれる?農家はどこまで負担する?

  4. 【応用編】難しいと言われるキャベツの有機栽培をどうやって実現する?

  5. 【流通】卸売市場の仕組みと付き合い方。中間マージン大きすぎてマジ泣く・・・

  6. 【六次産業化】難しい理由3つ&成功のコツ3つを知れば六次化のハードルは下がる