ウエイトの位置が変わってきています

農協に頼らずに農家として自立していこうと思ったら、自分で販売ルートを確保しなければ生きていけません。
つくったものを売らなければ商売として成り立ちませんからね。
生産者として商品をつくるだけでも大変なのに、営業もやって販売も手がけて、事務処理までやらなきゃいけない。
そんなやり方で僕はここまでやってきました。
有機栽培をされている方々はおおかたそうだろうと思います。
みなさん大変な苦労をされているはずです。

農業で利益を出していくためにはどのように売るのかが重要だと考えています。
だからこそ松本自然農園では支えてくれる消費者を自分で探しているんです。
仲介する業者をとおさないことでなんとか利益を確保し、それでようやく永続可能な営農スタイルにもちこんでいます。
売るということを一番に考えた結果です。

その考えは就農当初から今でも変わっていません。
ただしウエイトが少し変化してきました。
売ることに集中することはもちろん大事だけど、それで商品のレベルが下がってしまったら意味がないなと。
梱包処理、発送処理、事務処理など手間のかかる仕事に時間をさいてしまったばかりに、朝から晩まで働きづめになってしまう農家さんもいるくらいです。
そんな状態じゃ栽培そのものがおろそかになってしまう可能性が出てきてしまい、質の高い農産物は育ちにくくなってしまうかもしれません。
それだったら販売は誰かに任せて生産に集中できる体制が整っていたほうがいいのかなと感じることもあります。
これを突き詰めていったのが農協主導の農業でしょうね。

農業の基本はなんといっても農産物の生産なのだから、そこをしっかりとしていくことが結果としてお客様と長くつながっていくことになるのかなと感じています。
松本自然農園を支えてくれるファンのみなさんと長くつきあっていけるように、納得してもらえるような野菜をそだてなければいけません。

販売管理と栽培管理、このバランスが難しい・・・。

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  2. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  3. 【対決】小泉進次郎vsJA「負けて勝った」と言い残した小泉氏の真意とは?

  4. 春に定植するときに気を付けるべき5つのポイント

  5. 【農業のキホン07】C/N比そして窒素飢餓。有機肥料マスターになるための第一歩です

  6. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実