農協に頼らずに農家として自立していこうと思ったら、自分で販売ルートを確保しなければ生きていけません。
つくったものを売らなければ商売として成り立ちませんからね。
生産者として商品をつくるだけでも大変なのに、営業もやって販売も手がけて、事務処理までやらなきゃいけない。
そんなやり方で僕はここまでやってきました。
有機栽培をされている方々はおおかたそうだろうと思います。
みなさん大変な苦労をされているはずです。

農業で利益を出していくためにはどのように売るのかが重要だと考えています。
だからこそ松本自然農園では支えてくれる消費者を自分で探しているんです。
仲介する業者をとおさないことでなんとか利益を確保し、それでようやく永続可能な営農スタイルにもちこんでいます。
売るということを一番に考えた結果です。

その考えは就農当初から今でも変わっていません。
ただしウエイトが少し変化してきました。
売ることに集中することはもちろん大事だけど、それで商品のレベルが下がってしまったら意味がないなと。
梱包処理、発送処理、事務処理など手間のかかる仕事に時間をさいてしまったばかりに、朝から晩まで働きづめになってしまう農家さんもいるくらいです。
そんな状態じゃ栽培そのものがおろそかになってしまう可能性が出てきてしまい、質の高い農産物は育ちにくくなってしまうかもしれません。
それだったら販売は誰かに任せて生産に集中できる体制が整っていたほうがいいのかなと感じることもあります。
これを突き詰めていったのが農協主導の農業でしょうね。

農業の基本はなんといっても農産物の生産なのだから、そこをしっかりとしていくことが結果としてお客様と長くつながっていくことになるのかなと感じています。
松本自然農園を支えてくれるファンのみなさんと長くつきあっていけるように、納得してもらえるような野菜をそだてなければいけません。

販売管理と栽培管理、このバランスが難しい・・・。