イチゴの食べ過ぎに注意しましょう

イチゴ狩り。
行ってきました。
数日前には農薬がどうとか、10個以上は危険とか言ってましたが、目の前にイチゴがあれば当然食べてしまうのが松本直之です。
暖かいハウスの中で育った赤いイチゴをパクリパクリとたいらげ、気づいたときには100個は食べたんじゃなかろうかというくらいのヘタの数(推定ですが)。
小粒なものばかりだったので数が増えました。
今回の観光農園についての感想は・・・
甘さにはばらつきがあって当たり外れが大きく、食べ甲斐のある大きさのはなかったので評価はそれほど高くありません。
けれども年に一回くらいはイチゴ狩りするのも楽しいかなと思わせてくれました。

松本自然農園でイチゴを作らないの?
という要望がたまにあります。
苗が高いなぁと思ったので今年はやってないのですが、今秋にはやろうかと考えています。
露地栽培だと収穫は5月くらい。
イチゴの本当の旬はそのへんです。
冬ではないんですよ。
鳥に食べられそうなので対策が必要ですが、自然な甘さが期待できるのでがんばりましょう。
野菜セットの中にイチゴもいいでないかい?

関連記事

  1. 【技術継承】1分動画で栽培技術習得!農業界の新インフラAGRIs出現!

  2. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね

  3. 書籍出版しました:時給3千円農家のつくりかた

  4. 次代の農と食を語る会 vol.40 小さな農業でのお金の稼ぎ方

  5. 【農業のキホン03】肥料の三要素NPK とは。non!パンツ食い込みじゃないのは確実

  6. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?