イチゴの食べ過ぎに注意しましょう

イチゴ狩り。
行ってきました。
数日前には農薬がどうとか、10個以上は危険とか言ってましたが、目の前にイチゴがあれば当然食べてしまうのが松本直之です。
暖かいハウスの中で育った赤いイチゴをパクリパクリとたいらげ、気づいたときには100個は食べたんじゃなかろうかというくらいのヘタの数(推定ですが)。
小粒なものばかりだったので数が増えました。
今回の観光農園についての感想は・・・
甘さにはばらつきがあって当たり外れが大きく、食べ甲斐のある大きさのはなかったので評価はそれほど高くありません。
けれども年に一回くらいはイチゴ狩りするのも楽しいかなと思わせてくれました。

松本自然農園でイチゴを作らないの?
という要望がたまにあります。
苗が高いなぁと思ったので今年はやってないのですが、今秋にはやろうかと考えています。
露地栽培だと収穫は5月くらい。
イチゴの本当の旬はそのへんです。
冬ではないんですよ。
鳥に食べられそうなので対策が必要ですが、自然な甘さが期待できるのでがんばりましょう。
野菜セットの中にイチゴもいいでないかい?

多品目栽培でこんな間違いをしていませんか?

たくさんの種類の野菜を同時に育てる、かんたんに表現すれば家庭菜園を大きくしたような農業。

このような、いわゆる多品目栽培は、有機農業ではよくやられている方法なのでご存じの方もいらっしゃるでしょう。
そして、多くの農家がやってるんだから自分にもできるだろうと、独学で、農家研修で、栽培の基本を学んでから実際に自分でやってみるのですが・・・
このときすでに、じつは大きな間違いをしています。

それは・・・

栽培が下手でも時給3000円で働く農家になる方法とは?

もしかしたらあなたは、ひたすら栽培技術を磨こうとしていませんか?
いいものを作れば売れると思っていませんか?
その道は、優秀な先進農家と戦うことになる、かなり危険な道です。死に物狂いで努力しても結果を残せないかもしれない道です。

それよりも、たとえ栽培が下手でも時給3000円、しかも週休3日で働く農家になる道があります。見つけさせすれば誰でも通れる道です。

そんな道どこにあるの?じつは・・・

つづきはこちら

有機農業が慣行農業の5倍も儲かるって!?

有機農業者は、あまりお金の話をしたがりません。

「収入に魅力を感じて農業をしてるんじゃない。わずらわしい人間関係から解放されて、健康的な暮らしをしたいから有機農業の道を選んだんだ。」

と、収入は二の次だと言います。
だからこそ見えなくなっていた真実。それは、

有機農業はちゃんと稼げる

ということ。家族を養っていくことくらいは簡単に実現できます。しかも、栽培がうまいとかヘタとか関係ありません。誰でも実現できるものです。

ただし、条件があります。
それは・・・

つづきはこちら

 

関連記事

  1. 【農業のキホン04】GAP とは?取得するメリット・デメリット

  2. 堆肥は本当に必要なのか?と問いかける姿勢そのものが重要

  3. 食用ホオズキの大いなる可能性

  4. 【実験】ゴーヤのタネを丸裸にして播いてみたら・・・

  5. 完璧を目指さないことの重要性。70点主義とは

  6. 【解説】専業農家と兼業農家。その分類はもう時代遅れ?