まつもトマトは入れすぎで嫌がられたい

野菜によって好調・不調こそあれ、全体としては安定した収穫量を確保できている今年の夏。
野菜セットをつくるのも少し余裕があります。
ナスやピーマンのように実のなる野菜はずっと収穫を続けるので、今週は入れたから来週は入れないで休みにしよう、ということができません。
一度収穫が始まったら夏の間はずっと出荷をしていきます。
そういった理由によりセット内容のバリエーションが少ないのが夏の特徴かな。

今夏の不満。
それはトマトの収穫量がそれほど多くないこと。
もちろん昨年までと比べれば安定して収穫できているので上出来だと思いますが、欲が出てくるというのかもっと量が採れたらいいのになぁという気持ちになっています。
決して少ない収穫量じゃないし、野菜セットに入る量としてはじゅうぶん確保できています。
でも、なんというか、もっとたくさん入れたいんですよ。
トマトを。
ごそっと1kgくらい入れて「こんなにトマトいらんわい!」とお客さんから苦情を頂きたい。
トマト好きの家庭からそういう苦情を聞いてみたい。

それができる量を栽培したことはあるんです。
今年は栽培数が多くないですが昨年まではもっと多く作付けしていたので、おそらく1セットに1kgのトマトを入れるくらいの量は採れたはずです。
そのピークは長く続かなかったけど。

育苗ハウスでのトマト栽培、露地での雨よけ栽培。
どちらの初めてのことだったので控えめの栽培面積にしていましたが、どうやらうまく育てられそうなので来年はもうすこし作付け量を増やすかもしれません。
手のかかる野菜なのでほどほどにしないと痛い目にあいますが、僕自身がトマト好きなのでがんばってもいいかなという気にさせられますね。

関連記事

  1. 【異形の者】キャベツの歴史を知る!キャベツはなぜ無農薬栽培が難しいのか?

  2. 【耳勉】キュウリの種まきしながら自分をアップデート

  3. ラウンドアップの発がん性とモンサントの農業支配。それって事実?陰謀論?

  4. 【救出】あなたは草を育てているんですか?

  5. 【革命前夜】農政トライアングルの恐怖!コメ農業の未来は誰に託されている?

  6. 【播種】空心菜(エンサイ)の青臭い感じは好みが分かれるね